マイルームへ ようこそ♪ (^o^)丿

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背骨の曲がり!!! ( ̄◇ ̄;)
こんにちわ バカボンです♪ (^o^)丿

今日の靴のお客さんは 可愛いお嬢さんでした♪ 流石に
若い娘さんらしくカカトの高~いピンヒールを持って来ました。
でも どこか表情が冴えません。話を聞いてみると・・・

『自分のクツは カカトのゴムがすぐに減ってしまう。もっと
長持ちするモノは無いのか。もしかして履き方が悪いのか?』
との話でした。

そこで私は ピンヒールタイプは元々“お披露目”の場で履くもの
であって それを履いて歩き回るような耐久性は無いという事を
簡単に説明しました。

その場所に行くまでは普通の(歩き易い)クツを履いて行き,
“お披露目”の場でピンヒールに履き替える。そして帰る時には
またカバン等にしまって 持ち帰るのが正しい『使い方』なのですね。

ピンヒールのゴム部分の接地面積は 紳士靴のヒールの数分の一から
数十分の一に過ぎません。あくまで「立ち姿」の際に滑りを抑える
程度の役目が精一杯で,歩く=大きな体重移動を支えるような構造では
ありません。

#とは言うものの 実生活の中で 履き替えながら使用するのは
中々出来ない事ですが (^_^;)

・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・

また ゴムの磨耗を極端に早めてしまう原因の一つに『背骨の曲がり』が
あります。これは 人間の背骨ではなく クツの中に組み込まれている
背骨の事です。

ピンヒールを平らな所に置き それを後方から見たとします。本当ならば
ヒールは地面に対して 垂直に作ってあるのですが,靴によっては 大きく
内側に曲がっています。これでは 歩き難いのは勿論のこと,ゴムも斜めに
擦れる分 更に磨耗が早く進みます。

このような靴は 背骨の曲がりを修正して ヒールを垂直に戻してあげると
ぐっと履き易くなります。

もしヒールの高い靴をお持ちの方がいらっしゃいましたら
一度“後方から”チェックしてみてください (*^ー゜)ノOK!
スポンサーサイト
Copyright © ★Bakabon☆@108の便利ノート♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。