マイルームへ ようこそ♪ (^o^)丿

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆黒い恐怖!(;>_<;)
こんにちわ バカボンです♪ (^o^)丿

ブログ友達の rieさんのところを覗いたところ,なんとゴキちゃんとの
壮絶なバトルが展開されていましたぁ~ (;>_<;)ヒェ ~

ここ⇒ http://ameblo.jp/rie-private/

また,名前は伏せますが 我等が り○う★さんのアパートにも 黒光りする
デカいヤツが出現したそうです (^^;; ヒヤアセ

さてそこで 今日は皆さん注目の(?)ゴキちゃんのお話でっす (*^ー゜)ノOK!

------------------------------------------------------------

ゴキちゃんと言いましても 色んな種類がいますが,ここでは一般的な
茶色くて小さなヤツ(茶バネゴキブリ)と 黒くてテカテカしてデカい
ヤツ(黒ゴキブリ)について一言・・・ (^^ゞ

本当の意味で一番やっかいなのは 茶色のヤツですが,理由はバカげた
繁殖力の高さです。連中は僅か20日あまりで成虫になり繁殖を始めますが
これはもう「ネズミ算」なんか目じゃありません w(°o°)w

強いクスリを使えば「成虫」は殺せますが,残念ながら“卵”を殺す
事は出来ません。薬剤散布でゴキちゃんが見えなくなり,やれやれと
思い出した頃には 卵から次の世代の若者が 元気にデビューするので
ありましたぁ~♪

☆つまり・・・

本気でゴキちゃんを根絶しようと思うのならば,成虫と卵の『二世代』に
亘る敵と戦わなければならないのですね! (  ̄ ▽ ̄)ぐぇぐぇぐぇ

なお 茶バネは20日で成虫と書きましたが 黒くてデカい方は あの立派な
姿になるまで おおよそ一年もの時間を必要とします。その分 増え方も
ずっと大人しくなりますし,対応もし易くなります。

------------------------------------------------------------

クスリは各社から様々なモノが販売されていますが,効果が高いのは
煙がモウモウと出るタイプです。コレを各部屋で1個ずつ焚けば,さしも
のゴキちゃんも 成虫ならば まず除去出来ます。

その際には 押し入れや その上の戸袋など 開けられるところは全部
開けて 隅々まで煙が行くようにしましょう。

また 全部屋で一斉にやるのが基本です。二部屋あって そのうちの一部屋
だけ煙を焚いたのでは やってない部屋に逃げ込んで 生き残ってしまいます。

これで「成虫」に関しては 大体(*^ー゜)ノOK!です。

次に卵で生き残ったヤツですが,コレはおおよそ2週間くらいすれば
小さいのが這いずり回るようになりますから そこで再度煙を炊いて
やれば,一応完了です。

勿論 どこまでやっても これで十分という事はありませんが,一般の
家庭としては 上記のように 約2週間くらい間を置いて 2度煙を
炊いてやれば 姿は見えなくなると思います。

※イレギュラーで 窓等の外部から侵入する事もあります。その準備
として ゴキ専用のジェットタイプのスプレーも常備しておきましょう。

------------------------------------------------------------

↑万一 コレでダメな場合・・・

敵はクスリの影響を受けない 安全なところに居ついているか,或いは
隣近所の 比較的広いエリアで活動しているか のどちらかだと思います。

そうなると 残念ながら素人では対処出来ません。本当の意味で信頼
出来るプロに依頼するしか無いと思います。

------------------------------------------------------------

〔おまけ〕

ネズミなどは 餌を与えないよう注意すれば 遠ざける事も可能ですが,
ゴキの場合「食べ物」の基準が 人間と全く違います。
例えば,そこに人間が生活している限り フケやアカなど 身体から出る
廃棄物は どこにでもころがっています。ゴキは そういうのも喜んで
食べますし,仲間の屍骸も立派な餌になります。

ですから 実質的に「餌を与えないようにする」というのは ほとんど
意味がありません (^^ゞ

------------------------------------------------------------

※り○う★さんから「ヘルプ!」のメールがあったので 思いつく
ままに書きなぐってみました。

きちんと資料を整理して書いたものではありませんので,足りない
部分も当然あることと思います。

もし何か不明な点などありましたら ご質問ください。
解ることであれば お答えいたします m(_ _)m
スポンサーサイト

☆『RAINBOW』♪o(^-^)o
こんにちわ バカボンです♪ (^o^)丿

☆『RAINBOW』(二舎六房の七人) 原作:安部譲二 作画:柿崎正澄

今まで安部譲二の作品は読んだ事がありませんでした。ただ TV等の
トークなどから 彼の人間性には惹かれるものを感じていました。

この『RAINBOW』は サブタイトルを「二舎六房の七人」と言い
特別少年院で知り合った少年達の 厳しくも暖かい友情を描いた
青春物です。

主人公たる少年達に共通する点は 家庭的に恵まれていない事です。
それ故 社会にも上手に適合出来ず 少年院にまで流れて来た訳ですが,
彼等はそこで「アンチャン」なる人物に出会う事になります。

そして 様々な経験を重ねる中で お互いを信じあう事の大切さを知り
得難い友情で結ばれていきます。

------------------------------------------------------------

正直言いまして 少年院を舞台に描かれている間は それほど特別な
作品とは思っていませんでした。良い作品ではあっても 同程度の
モノは他にもあったと思うからです。

でも 少年達が社会に出てから以降 物語は深さを増していきます。
まだ戦後間もない当時にあっては 多くの人達が日々の糧を得る為に
奔走しています。そのような社会背景の元 少年院出身という大きな
ハンディを背負う彼等は 言葉では言い表せない苦労を味わいます。

そこで彼等が繰り広げる数々のエピソード,これが泣かせます。
酷すぎるとも思える社会の仕打ちに対しても 彼等は決して卑屈に
なることなく,常にお互いを励まし合い 健気に生き抜いていきます。

------------------------------------------------------------

作画の柿崎正澄は 安部譲二の原作を読み 何度となく原稿を涙で
濡らしたとのこと。現在の日本は「青春」や「友情」を ストレートに
描く事が とても難しい社会になっていると思います。この作品は
そんな時代に生きる若者に対して 安部譲二が発する渾身のメッセージ
だと思います。

「ベルセルク」や「バガボンド」などと比べると どうしても地味な
感は拭えませんが 現在も連載が続いているこの作品は,私にとって
もっとも大切な作品の一つになりつつあります♪

☆ハロゲンスタンド♪(*^ー゜)ノOK!
ハロゲン灯


こんにちわ バカボンです♪ (^o^)丿

細かい作業をやる時って どうしても強い光が欲しいですね。でも
私の仕事場の机周りは 色んな物で一杯で 蛍光灯スタンドを置く
スペースがありません。

そこで 作業をし易くする為に ハロゲン灯を使った コンパクトな
スタンドを作りました (^_^)vブイ♪

ヘッド周りは スーパーが改装の時に要らなくなったモノを
頂戴しました。本体は ほとんどアルミアングルを使い,二本を
組み合わせて角柱を作り ベースと柱を作りました。

点滅は ベースの上部のクリップスイッチで行うという,とても
シンプルな作りです。材料費は 無料で手に入れたヘッドを除けば
1500円くらいです。アルミの地肌を生かした機能的なデザインは
自分でも結構気に入っています (*^ー゜)ノOK!

#右のスタンドは LEDを使った 更に小さなスポット用のライト
ですが,流石にこちらは 絶対的な光度が不足して,実用になり
ませんでした。単なるオモチャですね (^^;; ヒヤアセ


☆『私の頭の中の消しゴム』 (/_<。)ビェェン
こんにちわ バカボンです♪ (T.T)/

☆『私の頭の中の消しゴム』

おともだちが『私の頭の中の消しゴム』を見たいと言うので DVDを
借りて来ました。パッケージを見た時から「この作品はアブナイ!」
と思っていましたが,やっぱり泣いてしまいました (;_;)シクシク

愛し合う二人は やがて結ばれ 幸せな家庭を築くかに思えますが,
優しく美しい妻を襲う 若年性アルツハイマーの恐怖! 彼女の
頭から 二人で過ごした日々の記憶が 次々と失われていきます。
やがて あれほど好きだったハズの 彼さへも判別出来なくなって・・・

記憶が失われるのって ある意味 死ぬより辛いですね。死んだ場合
やがて時間が経てば 記憶の中で 相手を美化していく事も出来ます。
でも 生きて目の前に居ながら 全くの他人になっていくなんて
いくらなんでも辛すぎます (/_<。)

ここ数年 日韓両国で愛を描いた作品が 数多く製作されましたが
これは最も悲しい作品でした。

#こういうのを見てメソメソするのは たいがい私の方です。おともだちが
泣く事は ほとんどありません。ひどい時は 泣いている私の顔を覗き
こんでニヤニヤしています。全くロクなもんじゃありません。

・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・

それにしても 名前は知りませんが 韓国の俳優さんって良いですね。
男優さんは 逞しく男らしく それにハンサムです。女優さんは
とても可愛らしい美人です。そんな二人のラブストーリーですから
とっても絵になるんですね。

映画の作りが 変に凝っていないのもグーです。観ていて素直に楽しめ
ます。日本の映画界も頑張って欲しいのですが,俳優の顔を思い浮かべると
残念ながら 敵わないなぁ~と思ってしまいます。

ツマブキ頑張れ♪ ← 意味フメイ?

☆『哲ねこ七つの冒険』(^o^)丿
こんにちわ バカボンです♪ (^o^)丿

八月三日の朝日新聞一面に『文科省,自殺予防教育に本腰』と
ありました。年間の自殺者が八年連続で三万人を超えるなか,
文科省は 児童・生徒の自殺を防ぐため,専門家による研究会を
設置するとの事。

ワタクシ的には 悩める若者に対して お役人主導の研究会が
有効な働きをするとは思えませんが,ともあれ どんな“対応”
を打ち出すものか 興味はあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本音で言うならば そもそも『自殺予防教育』などという言葉を
使っている時点で 既にダメです。それって安易な“対症療法”では
ないでしょうか。まぁ風邪を引いた程度のことならば 一先ず解熱剤
などで急場をしのぐのも“あり!”だと思います。でも 自殺をする
ところまで追い詰められた若者に 仮に一時 思い止まらせる事が出来た
としても それは あくまで根本問題を先送りしたに過ぎないと思います。

大切な事は 若者が自分自身の“力”で 人生に前向きに取り組んでいける
よう 方途を指し示してあげることであり,また そうしていけるように
人間としての土台を作れるような教育をしていく事だと思います。

しかし 言うは易く行うは難し,です。今の日本に そのような教育が
行われているところが どこかにあるでしょうか。また 悩める若者に
対して 明確な指針と成り得るような書物があるでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて ここでちょっと話を戻しますが,自らの命を絶ってしまう若者には
どんな問題があるのでしょう。勿論一人々々に 他人には解らない 深い
悩みがあるものと思います。

ただ 恐らく多くのケースで 共通するポイントがありそうな気がします。
それは 一つには「家庭」の問題であり,一つには「思考の貧困」です。
それらの若者の家庭には 心通う会話が成り立っていないのだろうと思い
ます。また 自分が抱える悩みを 深く掘り下げるような“思考する技術”
も 持ち合わせていないのだと思います。


.♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪


☆飯野真澄作・MICHIRU 絵『哲ねこ七つの冒険』(^o^)丿

大変な力作であり,大変な意欲作です (^_^)vブイ♪
先ず目に付くのは 見る者を夢の世界に誘うような可愛くて美しい
表紙です。

この本の絵を担当しているMICHIRUさんは 中学2年生で 筆者である
飯野真澄さんのお嬢さんです。そう! この本は お母さんと娘さんが
力を合わせて作り上げた作品なのですね♪

ジャンルは『哲学ファンタジー♪』w(°o°)w ホェ~

ソクラテス,アリストテレス,デカルト等々 人類の叡智を代表する
哲学者を取り上げていますが,作者はそれらの中から 肝心要のエッセンス
のみを抽出し 更にそれを“猫にも解る!?”ようにユーモアを交えて
面白可笑しく そして平易に表現しています。こんな本 他にはありません♪

母娘で一緒に冒険するという設定も素敵です。娘は娘なりに,母親は
母親なりに 様々な事を発見し,また思い出していきます。この本は
子供から大人まで 幅広い読者を対象としていますが,それぞれの
年齢&人生経験なりに 新鮮な発見がある事でしょう。

私はまだ 一度通して読んだ(眺めた?)だけですが,きっとこれから
何度か読み返すことになると思います。


.♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪


先程 悩める若者の共通する問題の一つとして「家庭」をあげましたが
作者の飯野真澄さんは 本の中で母娘一緒の冒険を描きながら,実際の
本作りの作業も 娘のMICHIRUさんと一緒に行っています。この 一緒に
行動し作業をするということは とても重要なポイントになると思います。

同じく「思考の貧困」という事をあげましたが,この本に描かれている
哲学のエッセンスは,特に若い世代にとっては 物事を考える参考にも
なるでしょうし,学ぼうとする者にとっては 解り易いガイドブックにも
なる事でしょう。

文科省の研究会では どんな専門家が集まるのか知りませんが,貴重な
参考資料として ぜひこの本に 目を通して貰いたいものです。


※ひさ~しぶりに一生懸命文章を書いてたら
眩暈がしてきました。人間 無理をするものじゃ
ありませんね。哲学には程遠いバカボンでした (^^;; ヒヤアセ

☆『憧れの遠い街』♪
☆『憧れの遠い街』♪


こんにちわ バカボンです♪ (^o^)丿

☆『憧れの遠い街』♪

この絵は以前 舞さんのHPでリンクを辿って見つけた物です。

⇒『ふわふわ。り 』素材やさん
http://fuwa2li.fc2web.com/bare/frame.html

幼い兄弟(姉妹)の後ろ姿が 何と愛らしいことでしょう♪
遠くに浮かび上がる街の灯が 何と美しいことでしょう♪
思わず うっとりと眺めてしまいます。

私の大好きな「絵」です (^_^)vブイ♪
Copyright © ★Bakabon☆@108の便利ノート♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。