マイルームへ ようこそ♪ (^o^)丿

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆『ピアノの森』PARTⅡ♪ (^o^)丿
こんにちわ バカバカボンボンです♪ m(_ _)/~~~


☆『ピアノの森』PARTⅡ♪ (^o^)丿

WEB情報によりますと『ピアノの森』が来年の夏にアニメで
劇場公開されるそうです。そこでの注目点は 音楽監修&ピアノ
演奏を“あの!!!”アシュケナージが担当するという事♪♪♪

う~~~~ん,その一点だけでも いかに前向きな制作姿勢かが
解りますね♪ w(°o°)w スゴ~ッ!


【ウラディーミル・アシュケナージ】

ロシア出身の世界的ピアニスト&指揮者。特に『ショパン全集』は現在
最も完成度の高いものとして高く評価されています。私の手持ちの
レコードでは「ベートーヴェン チェロソナタ3番」で ロストロポービッチ
との あまりにも鮮烈な共演を聴くことが出来ます。

現在はNHK交響楽団の音楽監督に就任しており 親日家としても広く
知られています。

たしか「のだめ」の音楽CDにも アシュケナージの演奏は入って
いたと思いますが・・・,持っていないので正確な事はわかりません m(_ _)m

※それにしても コミックスのアニメ化という企画で,よくぞこのような
“巨匠”に話を持って行ったなと感心します。そしてまたアシュケナージが
その話を引き受けたというのも驚きです。

これはあくまで私の想像でしかありませんが,日本の一般的な市民
特に子供達に 少しでもクラッシック音楽に親しんで貰いたいとの
アシュケナージの気持ちが 引き受けさせたのだろうと思っています。


-------☆-------★-------☆-------★-------☆-------★-------☆


#すんまそん 蛇足です (^^;; ヒヤアセ

ここまで書いておいて こんな事を言っては罰当たりかもしれませんが,
私の個人的な「一ノ瀬 海」(コミックスの主人公の少年)の“音”は
アシュケナージのピアノとは ちょっとイメージが異なります(大汗!)

ただ この巨匠がコミックスをどのように解釈して どのような演奏を
聴かせてくれるのか,それはもう興味津々です (^_^)vブイ♪
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

(*^-^*)
(^-^*)/コンチャ!おせち料理も大掃除もサボってしまったぴあのです(*´∀`人)
今、初めて気付いたことがあります~
このブログってタイトル欄があったんですねー
あすかっちのコメみてなんか違和感じて気付いたワタクシです( ̄▽ ̄;A ふきふき・・
とりいそぎ タイトルに「(*^-^*)」入れときました(笑)

今年も1年あっという間に過ぎてしまいました
年々加速度アップしています。あ~やだわぁ(笑)

お友達リストからはずすなんて考えたことありませんからご安心を♪
また来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えくださいね~ヽ(´▽`)/~♪
ぴあの | URL | 2006/12/31/Sun 14:56[EDIT]
こんばんわー
すっかり夜型 冬休みの主婦^^
というか アタクシ実はあまり寝なくてもへーきなのでぇす。
(昨日も3時間半しか寝てなかったりします^^;)
明日とあさってはめちゃ忙しい予定なので早めにご挨拶に伺いましたぁ
今年は楽しいお話、脳が活性化するようなお話をどうもありがとう♪
お蔭様で鋭く傾いていたあたしの脳も少し緩やかになりました。
バカボンさんのノロウィルスも完治だと思いますので体力回復でよいお年をお迎えくださぃ。
また来年も遊んでくださぃ(*'ー'*)/
asuka | URL | 2006/12/30/Sat 00:19[EDIT]
ピアニスト
バカボンさんいろいろな方面に詳しいですね。
私は多少ピアノを弾くのですが演奏家に関しては詳しくありません。
それでも、アシュケナージの名前は知っています。

そう、我が家の次男は去年テレビでクロアチア出身のマキシムというピアニストに感動したんですよ。
今年私からのクリスマスプレゼントは彼のCD。
すごく喜んでくれました。

いずれにしても、来年の公開楽しみです。
ショコラ | URL | 2006/12/28/Thu 21:40[EDIT]
ピアノの森・・・
どうぶつの森なら知ってるんですけど・・・(^^ゞ
どうぶつの森、年末観に行く予定です!!

ぶん | URL | 2006/12/25/Mon 11:51[EDIT]
Copyright © ★Bakabon☆@108の便利ノート♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。